THE GUCHI

今宵はエンジニア概念を捨てて、 一個人として最近の意味不明な事について、

グネグネと書きます。ダラダラ書きます。

 

 最近の技術の進歩で、様々なメーカーから、 かなりリーズナブルな金額で

ターンテーブルを 購入する事が出来るようになりました。

何ともありがたい話でございます。


ポータブルのターンテーブルも機能性、 デザイン、サイズ感も良く、

アナログ新参者にはありがたい時代ですね! もっともっと浸透して頂きたい!

拙者も1台検盤ように購入するか検討中です!


そんな新しいターンテーブルデザインが功を奏して、 『レコード女子』と言う、

何とも鼻息が荒くなる単語も登場して来ました!


そんな新世代のエントリーモデルの ターンテーブル広告によくある事なんですが、、、

先日チョット考えてみました。



『気軽にレコードが楽しめる!』

『USB搭載でMP3でパソコンに取り込める!』

『スピーカー内蔵でどこでも聴ける!』


みたいな広告を見ますね! もう一回書きます。



『気軽にレコードが楽しめる!』

『USB搭載でMP3でパソコンに取り込める!』

『スピーカー内蔵でどこでも聴ける!』



『はぁ!?( *`ω´)』 考えれば考えるほど、

僕はコレを観るとキレそうになります(笑)

いや、声を大にして問い質したいです。



『気軽にレコードが楽しめる!?』



気軽に聴いてるようじゃ、アナログの楽しさの 「た」の字すらカスリません。

そもそも、レコードを気軽に楽しんでいる人はいるのでしょうか?

はたして気軽に骨董品でお茶が飲めますか!?


この『気軽に』が今の音楽を全てダメにした要因の一つです。 思い出して下さい。

千円握り締めて、レコ屋に行ってようやく買った一枚を あの日のあなたは、

それを気軽に聴いていたでしょうか!? (当時の音響システムのグレードは一切無視します)

きっと、旋律の一音一音、無音の部分まで、 全ての害的要因をシャットアウトして

必死で楽曲の世界に飛び込んでいたはずです。



それが、いつの日からか、音楽は『気軽さ』と言う 矛盾を受け入れ、

私たちの生活のBGMと変わって行きました。


BGM - Back Ground Musik


いやいや、生活の方がバックグラウンドですから。

そしてどんどん音楽はカジュアルな物となり、

自分のアイデンティティーを象徴するものではなく、

『流行り』と言う自己を聴くものになり、金銭的価値観すら失い、

データリスニングが主流となり、 『ながら聞き』でしか耳にしない。

ただのデータでしかなくなりつつある。


肉体と魂の分離です。第一の死です。



私たちアナログリスナーは、 まだ14歳の時のままの聴き方をしてます。

そこには気軽さが無いからです。 レコードをセットして、 スピーカーの前にどっしりと構え、

無音のリードインのノイズですら噛み締めているんです。

(↑やっぱりノイズ必要ですよね!?)


そうじゃないとレコードは聴けないんです。

『聞いてる』んじゃなくて『聴いている』んです。



聴 - 耳と目と心、五感で聴くんです。



だからレコードにまで『気軽さ』をぶっこまないでほしい。

『ながら』で聞いちゃいますから。。。



『USB搭載!?!?!?』

『mp3に変換!?!?!?』


本末転倒じゃないか!!

レコード買ってMP3にしてどうする!?

レコードはガチャガチャの入れんもんじゃないんだ!

生粋のブラックコーヒー愛好家に スターバックスを突きつけるのか!?



頼むからアナログをデジタルに誘導するのはやめてくれ!



『スピーカー内蔵!?!?』



これはありがたい! そんな事を最近感じております。


せっかくのエントリーモデルなんだから、

USBという魔のトンネルに設備投資せずに、

すこしでも安く本格的な物を入門者に提供して頂きたい。

アナログの人間は使いやすさなんか求めてませんから。。。

USB無くして、ヘッドフィンのプリアンプと

フォノイコライザーの質を上げてくれ!


デジタルが入り込めない聖域だからこそレコードは死なないのです。

明日はちゃんとBlog書きます! まぁ、たまにはね(笑)



Who Said Vinyl is Easy Listenig!?

-レコード愛好家 諏訪内 保

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    イサオ (金曜日, 16 1月 2015 01:11)

    いやー、今日のは大いに笑わせてもらいました(笑)。
    『USB搭載でパソコンに取り込める!』は、僕もまさに「本末転倒やん!」って思ってたので。

    『アナログリスナーは14歳の聴き方をしている』ってのにはグッときました!音楽にはいつだって、本気で向かい合いたいなと。中学生の頃の気持ち、忘れちゃイカンですね。

    あと、『スピーカー内蔵』にも怒り出すのかと思いきや、それはアリなんだってトコには(笑)。

  • #2

    諏訪内 保 (日曜日, 18 1月 2015 02:33)

    こんな愚痴まで込めんとありがとうございますwww
    音楽に背を向けながら聴いたらダメですね!
    ライブ観る感覚じゃないとダメですね、そもそも、起源はライブなんですから!