近すぎるが故の表裏

HPのマイナーチェンジを継続中でございます!

まぁ、見向きもしない方々が多いニッチなサービスなのは承知の助です!


↓みたいなロゴを作成して、今迄解りにくかった『ORDER』の項目を、

視覚的にも解りやすい物へとしようという試みです。


 

TOPページ、Blogに続いて、このORDERの閲覧数が多いので、

観られてる所から改善してます(笑)

ここが多くなければ、全くHPの意味が無いのですが、、、

 

意外とこのブログを観ていただいている、

心温かい方が多いようで、、、

もっと更新せねばと肝に命じておるところです!

 

イベントに行くと『ブログ観てるよ!』って話から、

かなりDEEPな話に深化して行くのが、

最近の楽しみです (笑)

 

いつものように、仕事を終えて、

深夜番組を観ながら、HPやらBlogの更新をするのが

生活のルーティーンに組み込まれて来ました!

 

 

っで、さっき、とあるコンシェルジュに密着した番組を

やっていたのですが、、、、

 

「相手に向き合うのではない。一緒に同じ方向を向く」

 

こんな言葉が突き刺さって来まして、、、

しばらく、手が止まってしまいました。


エンジニアとして、かなり刺さりました。

一昔前の自分なら、全く刺さらなかっであろうこの言霊。


音に向き合って』仕事をしていた毎日に、

疑問を抱えていた今日この頃だったので、、、


サウンドエンジニアという職業柄、

『音』を耳で聴いてしまう事が多いです。


もっともっと『心』で聴かなければと、

肝に銘じてはいるのですが、、、

まだまだ未熟な者です。



今、目の前にある『音』を最高の物に仕上げてやろうと、

私はいつも、その『音』に対して血眼で最高の施しをしていました。


しかし、私が最高の施しをしなければならないのは、

『音』自身ではなく、『音』が見ている、向いている方向にいる

『リスナー達』です。


『音』の背後には『音』しかありません。

これが、恐ろしい暗闇である事も、今理解した気がします。

『音』が向いている方向は、そりゃ凄い世界があります。

私はそれに背を向けていた気がします。


きっと名刀を創る刀鍛冶は

斬られた物の気持ちまでも想像して、

切れ味に磨きをかけていたのだろう。。。


「音に向き合うのではない。一緒に同じ方向を向く」


すべてが解決した感覚でした。。。



明日からのカッティング・マスタリングが楽しみで仕方が無い!



っが、朝から人間ドックなので、少し寝ます!



自分とはしっかり向き合わなければなりません!



Who Said Vinyl is Dead!?

-音盤錬金術師  諏訪内 保