ダブプレートとは!?【序章】

ダブプレートって何ぞや!?

《ダブプレート》って言葉を共通言語として使ってましたが、、、

あらためて、ダブプレートとは、、、っと、、、

ネットとかTwitterでこの言葉を見かけると、

若干曖昧な解釈をされている方も多い気がします。(笑)


特に日本でのダブプレートカルチャーは、

まだまだ未発展だと感じています。


最近では自作音源、EDIT版やマッシュアップ音源のCD-Rも

ダブプレートと呼ばれているようです。


そもそも、ダブプレートとは!!!

って事で、本日からはこの『Dubplate』について、

定義、紀元、歴史、文化などについて書こうとおもいます!


まずは、ダブプレートの定義から勝手にまとめてみました!

ダブプレート (英:Dubplate 別名:Dub, Special)とは,,,

ダイレクトカッティングという技法で、アナログ盤に直接グルーヴを刻み込む録音技法です。

市販プレス盤とは違い、ラッカー盤、メタルマスター盤、マザー盤、スタンパーの作成工程での音質劣化が無く、高音質で、一枚からの小ロットで、仕上がりの早い制作が出来ます。従来のダブプレートは、強度が弱く湿度や経年変化による表面剥離が起きやすいアセテート盤を使用していたため、耐久性が悪く、その音質を維持するのが困難な問題を抱えています。

 

Wax Alchemyでは、

バイナル・ダブプレート (Vinyl Dubplate) 

従来のダブプレートと同じダイレクトカッティング技法で、プレス盤と同等の塩化ビニール盤でのダブプレートの作成が可能です。今までのアセテート盤とは違い、数回の再生でキューバーンが起きたり、

音質劣化が起きる事はなく、スクラッチやジャグリングなどのハードなDJプレイにも対応できる高品質なアナログレコードが1枚から創れます。ダブプレート新世代Wax Alchemy盤をご堪能ください。



こんな感じでご参考迄に、

Classic Style DubplateVinyl Dubplateについてまとめてみました!


次回は、なぜこのダブプレートという技法、文化が産まれたのか、

ジャマイカン・ダブプレート・カルチャーについて書こうと思います!



Who Said Vinyl is Dead!?

-Wax Alchemy 諏訪内 保