STEPPERS DELIGHT!UK STANDARD!

いつか来るとは構えていましたが、

最もレコードカッティングの難しい音楽ジャンル、

現代エレクトロ・ダンス・ミュージック

 

『DUB STEP』

 

どのカッティングエンジニアも、

クラシックとダブステップは最高に難しいと言います。

 

 

なぜかと言いますと、

一般的な音楽の低音の周波数帯域は60〜100Hz

ダブステップは人間の可聴周波数帯域ギリギリの

少し上の30〜40Hzの内臓が揺れる超重低音。

しかも楽曲の7割以上をこの超低音が支配します。

 

 

レコードにこの超低域を入れると溝が暴れまくるので

カッティングをするのが非常に難しいです。

針飛びや歪みをひき越してしまいます。

 

 

普通ならカット(排除)してしまう音域ですが、 そこの音域を主体にした音楽です。

さらにダブステップのカッティングは

レコードにヴォリュームを信じられないほどに、ブッ込みます。

 

 

LPレコードは0〜3dB

シングル45は3〜5dB

12inch 45rpmシングルは6dB前後

 

 

しかしダブステップは9〜11dBが今のUKのスタンダードなカッティングレベル。

シングル45より6dBもデカイ。 6dBとは聴感上2倍になる音量です。

 

 

これを歪ませずに、針飛びさせずに、

マシンを飛ばさずに斬らなければなりません。

コレがまぁ〜〜〜、大変です。

 

 

どんだけ難しいかっていうと、、、

ランチプレート1枚にディナーのフルコース料理全品(大盛)を盛りつけるような感じです。

しかも、お皿から料理がはみ出ず、こぼさずに、美しく、全てが引き立つように。。。

という条件付きで。。。

 

 

いつか、このダブステップやドラムンベースを筆頭としたベースミュージックの

カッティング依頼が来ると思い、 覚悟して腕を磨き続けていましたが、

とうとうこの日が来てしまいました。

 

 

しかもいきなり、最高峰のお方。

現代ベースミュージック界、最高峰のプロデューサー / オリジネーター

 

 

『GOTH-TRAD』

ロンドンで生まれたまったく新しいフォームの音楽がようやく「ダブステップ」という呼び名を与えられた頃、日本にいながらにしてGoth-Tradはすでに本人の与り知らないところでそのシーンの先頭を駆け抜けていた。彼はダブステップ黎明期のビッグネームたちに大きな影響を与えるトラックの数々を生み出し、海外をツアーし、日本国内においても自身のマンスリー・パーティーBack To Chillを通してその新たな音楽的ムーブメントの種を蒔いて着実に育んできた。恐るべきスピードで、ダブステップは世界的な現象となった。Mars Voltaのようなインディー・ロック・バンドのオープニングアクトを務めつつ、自分の機材すら自作している彼のような男は他にはいない。今最も地球上で重低音を出している漢。




GOTH-TRAD本人に カッティングのリファレンスで持ってきて頂いた、

UKの有名カッティングスタジオのダブプレート盤と

自身のアナログリリース音源と有名アーティストのアナログ盤。



レコードに針を落とした瞬間、、、



信じられないヴォリュームと音圧と重低音。。。

コレが本当にレコードか!?っと耳を疑う音像!

デジタル音源なんかと比べ物にならない迫力と緊張感。。。



平然を装いましたが、実際は頭が真っ白でした。

今の自分の腕じゃ、到底出せない音でした。。。



ダンスミュージックの聖地 UKが放つ 『世界水準』という壁を目の当たりにしました。

当然、本人を目の前にして『無理です。』 っとは言えないので『やってみます』っと。。。



まず景気付けにカッティングマシンのFUSEを10発飛ばし、

テストカットを数枚、 新たにカッティングシステムを再構築し、

有り難い事にGOTH-TRAD本人からの的確なアドバイスも頂き、

改良に改良を重ね、



ようやくUK DUB STEPのスタンダードレベルでカッティングが出来るようになりました。

しかし、ヴォリュームだけ世界水準に辿り着いても、 音質はまだまだで、、、


GOTH-TRADさんと協力して、 試行錯誤の末に、

本人に他の盤と聴き比べて頂き、


『スゲー綺麗に鳴ってる!バッチリ』

『他の盤と比べても全然問題ない!むしろ、、、』



っと言っていただける所まで辿り着けました!

ようやく世界基準の音でのカッティングに近づける事ができました。

しかもバイナル・ダブプレートで!



本当に感謝しかありません。自分の限界を突破した新しい世界が見えました!



まだまだまだまだ突き詰める所は沢山ありますが、

ひとまずGOTH-TRAD氏の音源をカッティング出来たので、

世の中の、ある程度のベースミュージックはカッティング対応出来る勇気が出ました!



心の底からありがとうございます! 


写真は〝GOTH-TRAD氏〟スタジオ Wax Alchemyにて!

Wax Alchemy × Back To Chill

明日はASIAへGOTH-TRAD主催のイベント

〝Back To Chill〟へ参戦して来ます!

http://backtochill.com

 

それではまた!


Wax Alchemy

諏訪内