【Alchemist】Main Floor アーティストプロフィール公開!

GOTH-TRAD × Wax Alchemy : 『WAX LAB』presents

【Alchemist】Progression of Dubplate

Main Floor アーティストプロフィール公開!!!


ベースミュージック界最重要人物

【GOTH-TRAD】

 

ミキシングを自在に操り、様々なアプローチでダンス・ミュー ジックを生み出すサウンド・オリジネイター。2001 年、秋本"Heavy"武士とともに REBEL FAMILIA を結成。ソロとしては、2003 年に 1st アルバム『GOTH-TRAD I』を発表。国内でソロ活動を本格的にスタートし積極的に海外ツアーも始める。2005 年には 2nd アルバム『The Inverted Perspective』をリリース。同年 11 月には Mad Rave と 称した新たなダンス・ミュージックへのアプローチを打ち出し、3rd アルバム『Mad Raver's Dance Floor』を発表。ヨーロッパそして国内 8 都市でリリース・ツアーを行なう。このアルバムに収録された「Back To Chill」が、ロンドンの DUBSTEP シーンで話題となり、2007 年に UK の SKUD BEAT から『Back To Chill EP』を、DEEP MEDi MUSIK から、12”『Cut End / Flags』をリリース。8 カ国に及ぶヨーロッパツアーの中では UK 最高峰のパーティーDMZ にライブセットで出演し、地元オーディエン スを沸かした。以降、国内外からリリースを続け、ヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニア等、世界中でコンスタントにツアーを重ねる中、2012 年にはアルバム『New Epoch』をリリースし Fuji Rock Festival 2012 に出演。2011 年~2014 年にかけては、欧米のビッグ・ フェスにも出演してきた。2006 年より開始した自身のパーティーBack To Chillは8周年を迎え、2014年11月にはREDBULL MUSIC ACADEMY TOKYOではBTC x RBMAスペシャルイベントを開催。そして、遂にBACK TO CHILLレーベルを始動させた!

 

http://www.gothtrad.com

http://www.facebook.com/gothtrad

http://soundcloud.com/goth-trad

http://twitter.com/GOTHTRAD


深化し続ける真の証言者

 【DJ YAS】

 

90年代初頭、サンプリングのみでの楽曲制作を開始し、独自の世界観を携えて95年『ランプアイ』のDJ兼トラックメイカーとしてデビュー。また『雷家族』『ケムリプロダクション』としても活動を重ね、96年には『証言』をプロデュース。DJ KRUSH、TWIGY、RINO、刃頭、寒川敏彦、CRAIG G等々のプロジェクトに参加し、UNKLE、井出靖、SILENT POETS、HARBALISER、YOU THE ROCK★、G.K.MARYAN、RHIMESTAR、OZROSAURUS、DABO、SUIKEN、SWORD、SINGO2、UZI、般若、鎮座ドープネス、漢、RUMI、DJ SHARK等々の楽曲プロデュース&リミックスを提供。初のソロ作は00年、オールインストルメンタルアルバム『ライト』とマキシシングル『ACROSS THE GLOBE』(EL DA SENSEIとRINO参加曲の他NICE&SMOOTHのSMOOTH BやLIVING LEGENDSのASOP参加)同時発表。TOMMY GUERREROとの共作ミニアルバム『ANGLER FISH』、2ndアルバム『SMOKING GUN』(MICROPHONE PAGERやBOSS THE MC、RINO等参加)、ディズニー企画のブレイクビーツアルバムでは中核的に携わり、RINO&DJ YAS名義でアルバム『LAMPEYE FLAVA』(JAZZプレイヤー寒川敏彦氏が3曲参加)等々を発表している。また自身名義でアナログのみのリリースも複数している。17年目に突入した番組『DELICIOUS SOUNDS(放送局stardigio466ch)では、BEN THE ACE、DJ SHIGEKIと毎週更新3時間ノンストップミックスを放送中。 

  

HPがリニューアル!!www.djyas.tokyo 

TWITTER https://twitter.com/djyas_kp

INSTAGRAM https://instagram.com/djyas.kemuripro/



ベースラインの魔術師 - 低音蟻地獄

 【Dx

 

90年代初頭にレアグルーヴDJとして活動を開始後、90年代半ばにジャング ルに傾倒し、97年に今なお続き、18年目に突入した“野蛮ギャルド”なドラム&ベース・パーティーSoiを始動。ベースラインを数珠つなぎで自 由自在に 操り、フロアから二度と抜け出せない“ベース蟻地獄”に陥れるドープなミックスを武器に、これまでありとあらゆる重低音パーティーに出演してき た。04年 にはUKレーベルEASTSIDEから12インチをリリース。その後も国内外レーベルからのリリースに加え、日本人ドラム&ベース・コンピ 「Tokyo Rockers」ディレクションや数々のリミックスワークなど制作活動も精力的に展開。現在はSoiでのDJ活

動を中心に、ドラム&ベース/ジャングルの みならず、ダブステップやジューク、ワールドミュージックまでBPMやジャンルを越境する独自のサウンドを追求しつつ、日々止むことのない重低音 ライフを 送っている。



Dub Step界屈指の猛者

 【DUBTRO】


2009 年 7 月、GOTH-TRAD が主宰する Back To Chill に参加。Rinse FM、SUB.FM や BBC Radio 1Xtra などの Radio、そして UK の数々の現場で自身の曲がプレイされ話題となる。2011 年 7 月、 UK の新鋭 DUBSTEP レーベル MindStep Music より『Forgot Past Storage EP』をリリース。2013 年 5 月には同レーベルより、12”アナログ『Meditation / Old Street』をリリース。2012 年 3 月、2013 年 12 月には UK ツアーを敢行。今後も自身の作品のリリース、コンピレーション・アルバムへの参加な どが予定されている。


http://www.facebook.com/dubtro.jp


四打の真骨頂

 【RAWFILA】

 (GRASSWAXX RECORDINGS)

 

アンダーグラウンドシーンにおいて卓越した才能を持つDJ/Artist達から絶対的な信頼を得ているGRASSWAXX RECORDINGS主宰。関東圏ー関西圏を拠点に全国各地のアンダーグラウンドPARTYでのDeepなPlayで様々な音好きから好評を獲得してきた。TIGHTで先鋭的なMIXequalizingを駆使したPlayはStereophonic Soundを創出させ深い漆黒のTimeAxisを展開させている。2002年から2007年にかけて京都METROのPARTY “STILL ECHO”ではレジデントDJとして、JEFF MILLS, HERBERT, AKUFEN, LUOMO, SND, DJ KRUSH, DJ Q-BERT,BLAST HEAD, THA BLUE HERB, MICE PARADE, MMW, etc......2000年から2012年に地元神戸でPARTYを主催し、DJ NOBU, A.MOCHI, KEIHIN, KURUSU, HIKARU, KUNIYUKI, BETALAND, ALTZ, DJ KENSEI, AOKI TAKAMASA, RIOW ARAI, HIRAGURI, YA△MA, POLE, FREE FORM, etc...招聘し多数の海外国内のARTIST/DJと競演し伝説的なPARTYを幾度もメイクする。近年は、大阪でのPARTYで、MARCEL FENGLER, DVS1, KEVIN SANDERSON, etcをDJとしてサポートしている。2006年から “GRASSWAXX RECORDINGS” を始動させ、DJ NOBU, A.MOCHI, MARCEL FENGLER, SYSTEM 7,ALTZ, O.N.O, K-ALEXI, CMT, etc...の音源を12inch vinylでリリース。RAWFILAとしては2010年にMIXCD『PHASE★SERIES』をリリース。2012年、RAWFILA名義でレーベル9枚目となる12inch vinyl “ CRACK e.p.”をリリース。2012年、レーベルとして10枚目になるトラック音源をA.MOCHIとのカップリングでリリース。(incl.System7 remix) 2013年に横浜に移住。横浜GALAXYで、BLACK SMOKERのDJ YAZIやVIZZA達と交流を深め、KONSTANTIN, CLOUDIO PRC, NESS, DEEP BASSといった海外勢のDJと競演し絶賛される。THA BLUE HERBのLIVE後のDJでも好評を得る。


Sound of Blackness

 【T.Seki】

東京渋谷にて'96-'07までSOUNDS OF BLACKNESSを主宰。PRO DJ達のネタ元として国内外から高い支持を得ており、HIP HOP, SOUL, JAZZ, DISCO等のセレクション中心にその信頼度は厚い。DJとしても六本木SSB、渋谷オルガンバー、渋谷ハーレム、六本木Roots N、渋谷The Room等でのレギュラーイベントを経て、現在も様々なパーティーにてジャンルレスなDJ活動を展開中。


変幻自在のVinylアスリート

 【DJ KOCO

a.k.a. Shimokita


世界のVINYL DIGGERをも唸らせる選曲と、バトルDJにも引けを取らないパーフォーマンス性・技量を併せ持ち、ライブ感120%のそのPLAYは常にオーディエンスを魅了する。これまで、"SHIMOKITA HOUSE"、"WHO GOT FLAVA?"など数々のクラシックなMIX作品を出し続けてきた現在進行形のHIP HOP DJで、HIP HOP的な解釈、手法で操る45'sのDJも要必見だ。