MARC CARY RHODES AHEAD TRIO & DANIEL CRAWFORD TRIO

毎日音楽漬けの暮らしを有り難くもさせて頂いておりますが、、、

ここ最近足りなかったもの、、、『LIVE』

今宵は久々にBLUE NOTE TOKYOにライブを観に行って参りました!


MARC CARY RHODES AHEAD TRIO
DANIEL CRAWFORD TRIO
-Double Bill Show-

現在進行形のジャズを追求する気鋭のキーボード奏者たちが率いる、2組のトリオ 

 

鬼才キーボード奏者2人が、各々のトリオを率いて登場。N.Y.とLA、現在進行形のジャズを追求する2組のグループのパフォーマンスを一度に体験できるエキサイティングなライブが6月、東京で実現する。マーク・キャリーはニューヨークに生まれ、ディジー・ガレスピーに認められてデビュー。いわゆるモダン・ジャズを演奏する一方でQティップ、ローリン・ヒル、エリカ・バドゥ等と共演し、伝統と革新を共存させた音作りでロバート・グラスパーをはじめとする後進ミュージシャンからもリスペクトを集めてきた。この3月に国内リリースされた『ローズ・アヘッド・ヴォリューム2』は、これまでの活動の集大成ともいえる力作。ロサンゼルス出身のダニエル・クロフォードはラファエル・サディーク、ジェニファー・ハドソン、メアリー・J.ブライジ等と共演。昨年9月にはアルバム『ジ・アウェイクニング』で国内デビューを果たした。互いに才能を認め合う両者が、どんなケミストリーを生み出すか。グルーヴの新章が今、始まる。

 


Wax Alchemyの影のカッティングエンジニア(ラベルカット担当)の嫁を連れて参戦して来ました。

内容はもう、言うまでもなく、最高でした!声かけてくれたPのT氏に感謝!


正真正銘の『一流』でした!

欲を言えば、シートじゃなくて、ビール片手にスタンディングで観たかった!

それくらい楽しいひと時でした。有り難う御座います!

これ以上無いくらいのトリオを2組同じ公演で観れるのは奇跡です。

何を書いても、現場の素晴らしさは結局そこに居た人間としか共有出来ないので、

あえて描きませんが、LIVEは魔法が掛かってます!

 

 

本日出演のDANIEL CRAWFORD先生ですが、、、、、、


DANIEL CRAWFORD ダニエル・クロフォード

ジャズ・ミュージシャン/プロデューサーであるダニエル・クロフォードはロサンゼルス出身で、いまも活動の拠点にしている。6歳の頃からピアノの演奏を始め13 歳から作曲を開始。地元ではヒップホップ・バンド、ワイルド・バンチ(Wylde Bunch)のメンバーとしても活動しているが、ソロとしてはいままでにラファエル・サディーク、ジェニファー・ハドソン、メアリー・J. ブライジ、ウォーレンG、オマリオン、アンジー・ストーン、レイラ・ハサウェイ、ラサーン・パターソンなどそうそうたるミュージシャンのツアーに帯同してきた。プロデューサーとしては7 枚のミックステープをリリース。J ディラ、マイケル・ジャクソン、フェラ・クティなどのトリビュート作品も手がけている。2012 年の9 月にソロのオフィシャル・アルバムとしては初となる『Red Pill』をリリース。プロデューサー/ミュージシャンとしては今のポップスには失われてしまったグッド・ヴァイブス、ポジティヴ、ヒーリングなど感覚を音楽に込めているという。影響を受けてきた素晴らしい音楽の持つスピリットを継承し、自身の考える「音楽は人を素晴らしい気持ちにさせる」信念のもと活動を続けている。


DANIEL CRAWFORD先生の

新譜のアナログ7inchのマスタリングを

生意気にも弊社Wax Alchemyで

担当させて頂きました!

何か実感わきませんが、感謝感謝です。

世の中、なにが待ってるか分かりませんね!


DANIEL CRAWFORD


A: WATER NO GET ENEMY

B: TROUBLE feat. AMP FIDDLER & MONET




ライブを振り返って、もっと現場に行かなければならないなと、昔の事を思い出し、痛感致しました。

 

中学生の時に、Yngwie MalmsteenとMr.BIGのライブで反れた青春が始まった。

高校生の時に、Mike SternとDennis Chambersのライブで地球外生命体の存在を確信。

10代最後にLondon FabricのDrum'nBass Partyで内蔵と脳天をグチャグチャにされる。

20歳でDJ KRUSHとDJ SHADOWのライブでレコードと一緒に死にたいと想う。

Massive Attackのライブで想いっきり盛り上がる僕の隣で、泣き崩れるファンと遭遇し、

初めて音楽の捉え方は人それぞれなんだと理解する。

London Madam JoJo'sのKeb Dargeの〝DEEP FUNK〟で感動して身動きが取れなくなる。

P-FUNK & FUNKADELICのライブで、長生きしようと決意。

Priceのライブで、バーリトゥードの極意を発見。

Damian MarleyとASWADのライブで、自然の神秘を再確認。

Candy Statonの歌声で泪線崩壊。

 

思い返すと自分の人生を変えるライブがいくつもあったなと。。。

お金も時間も掛かるけど得る物は大きいです!

目の前で起きている超常現象で世の中のすべてが変わるかもしれません!


もっとLiveして行きましょう!




Far East Alchemist - 諏訪内