伝説再び!BILLY WOOTEN : Woo Hoo BiBi [Mastering]


このジャケットを観て、鼻息が荒くなってしまうDJ、コレクター、Black Music Loverはかなり多いと思います。そしてこの盤に深い思い入れがある方も大勢いらっしゃると思います。もちろん、私もその中の一人です。この盤に関しては多くを語る必要はありません。

 

観た事が無い方、聴いた事が無い方、

そんなの興味無いって方、

 

寝る時間を削ってでも、探して聴く事をオススメします。(オリジナルLP盤は可能な方のみ)

一瞬であなたの魂を鷲掴みにするでしょう。

歴史的名盤です。

 

これを聴いて糞だと思う方、私はあなたと友達になれないかもしれません。。。

 

 

 

 

1972年のその夜、

インディアナポリスの小さなクラブ

"19thホール・ナイト・クラブ"には

音楽の神々が舞い降りていた。

 

その奇跡を呼び起こした、

生きる伝説のヴィブラフォニスト奏者、

BILLY WOOTEN...


Rare Groove,、ヴィブラフォン奏者、 Jazz Funk、Live盤、レア盤、、などなど

様々なカテゴライズで最高峰と呼ぶ方も多いはず。。。伝説再び!


この度、まさかのBILLY WOOTENの新譜を

Wax Alchemyでマスタリングを担当させて頂きました!

有り難う御座いました!!!


BILLY WOOTEN: Woo Hoo BiBi

 

ビリー・ウッテン/ウー・フー・ビビ

Release: 2015/7/2 <JAZZ> <CD> 定価:¥2,300+ PCD93919 解説付き

 

<トラックリスト>

01. Narrative / 02. What A Day / 03. Squeeze Me Baby / 04. Birth Of Life / 05. Oye Gina Este Son / 06. Jackson Melodia / 07. Ooowee Baby Thinkin' About You / 08. Cutie Pie / 09. El Cayuco / 10. Can’t Touch This / 11. My Romance / 12. La Noche Del Zumbon / 13. Light Of Mine / 14. Ooowee Baby Thinkin' About You (with Vocal)

 

 

伝説のヴィブラフォン奏者ビリー・ウッテン、まさかの最新作!至高のレア・グルー ヴ作、ザ・ウドゥン・グラス・フィーチャリング・ビリー・ウッテン『ライヴ』 (PCD-23512)でこの世にその存在を知らしめたジャズ・ミュージシャン。現在で も精力的に地元インディアナポリスで活動し、なんと最新録音盤が完成!美しい ヴィブラフォンのメロディが心地よいラテン・フレイヴァーな作品の完成!

 

◆ヴィブラフォンの音色が心地よすぎる最新作!

オリジナルの発売から 20 年以上の時を超えて、レア・グルーヴのリスナーだけではなく日本の様々なミュージック・ ラヴァーにその名を知らしめた伝説のミュージシャン、ビリー・ウッテン。地元のインディアナポリスではミュージシャ ンとしての活動を精力的に続けており、なんとまさかの新作アルバムが完成!ビッグバンド的な大所帯のバンドで 演奏される楽曲に、天上の調べのようなビリーのヴィブラフォンが冴え渡る!再発作品のようにカヴァー楽曲は収 録されてないが、全く衰えることは感じられないビリーの演奏は再度多くのリスナーの胸を打つだろう!

 

 

 

<ミュージシャン・クレジット>

Track 1, 2, 4, 5, 6, 10 and 11: Willie Ramos: Bass

Alejadro Diego Ramos: Alto Sax Ezequiel Jiménez: Guitar

Ivan Benson: Latin Percussion Larry Clark: Drums

Carl Hines: Piano and Organ Craig Parmerlee: Trombone Jim Hicks: Trombone

George “Sparky” Smith: Tenor Sax and Flute Matt Walde: Trumpet

Billy Wooten: Vibes

Tracks 1,2 and 10 Arranged By Craig Parmerlee


Track 3

Ray Andrews: Organ Melvin Peters: Drums Henry Els: Guitar

Kyle Green: Flute

Sandy Moon: Tenor Sax Kevin Sanders: Synthesizer Billy Wooten: Vibes


Track 7

Dave Laskey: Guitar

Tony Ragucci: Drums

Jerome Cheatham: Bass

Alonzo “Pookie” Johnson: Alto Sax David Young: Tenor Sax

Jim Pratt: Trombone

Billy Wooten: Vibes


Track 8 and 12

Dave Laskey: Guitar

Ivan Benson: Latin Percussion

Jack Gilfoy: Drums

Rudy Finnell: Bass

Willie Ramos: Bass

George “Sparky” Smith: Alto Sax and Flute Miles Lloyd: Piano

Carlos Negron: Trumpet

Jim Hicks: Trombone

James Pratt: Trombone

Mike Schofield: Trumpet

Clifford Ratcliff: Trumpet

Alonzo “Pookie” Johnson: Alto Sax

David Young: Tenor Sax

Robert “Bert” Parrish: Bari Sax

Billy Wooten: Vibes


Track 9 and 13

Eric Poole, Organ and Vocals Jim Hicks, Trombone

James Pratt, Trombone

Dave Laskey, Guitar

Cliff Jones, Drums

Ivan Benson, Latin Percussion Jerome Cheatham, Bass Michael Brown, Tenor Sax Billy Wooten, Vibes