『琥珀』色のPlatinum と『瑠璃』色のGold

Wax Alchemy Headshell Wires



 

発売開始以来、多くのアナログリスナー/DJ樣方にご愛用頂き、

最近ではイベントに行くと誰かがWax AlchemyのDubplateかHeadshell Wireを

ご使用しているようになりました。ご購入頂きました皆様ありがとうございます。

 

試作した当初は、自分用&スタジオ・カッティング用にと思い、

数セットのみの作製予定だったのですが、

材があまり、10セットくらい販売した所、まさかの20分程で完売、

その後、購入希望のDMが沢山届き、大慌てで増産する事になり、

それ以来、今でも時間の限り制作しております。

 

原価が割と高いので、少しでも安くお届けしたいので、

代理店や他店舗出品無しで、ひっそりとHPからのみで国内販売しております。

そろそろ、国内には充分に行き渡ったかなと思っておりましたが、

 

昨年には、海外の有名アーティスト/プロデューサー/DJ様からも

オーダーを頂くようになり、考えてもいなかった、海外での代理店も決まり、

現在では、London "Rough Trade", Berlin "Hard Wax", US "Turntable Lab"など、

レコードシーンの主要都市で販売&完売されるまでに至りました。

 

やはり海外マーケットなので一発の発注量が異常で100xくらいです。

ケーブル切断からハンダ付け、通電チェックまで、私一人で全て手作業で行っておりますので、

最近は指先が火傷や謎の負傷ばかりです。

 

 

Brand New Gold Ver 『瑠璃』


昨年末から全セクション・シグナルパスに『GOLD』金含有を採用した、新作『瑠璃』の販売を開始致しました。(現在国内販売のみ)

 

 

現行でも販売しております全セクション・シグナルパスに『Platinum』白金含有を採用した、Platinum Verとはまた違うテイストの物も"聴いてみたい" "色んなバージョンがあってもいいんじゃないか?"などと周りから助言を頂き、個人的にもPlatinumで再現出来なかった方向性をカバーしたくて作成に至りました。

 

 

最初は同じメーカーから何バージョンも、◯◯用、◯◯リスニング用などと唄って販売するのは、頭の悪い私は困惑してしまい、なかなか購入まで至らない経験がありました。

 

沢山買って視聴出来るほど安価な品物では無く、DJであれば2セット必要ですし、、、などなどな感じで、別verを作る予定はありませんでした。

 

 

 

 

例えば、よくJAZZ用として販売されているリード線の多くはアメリカの60年代の

ヴィンテージワイヤーを使った物が多いです。個人販売されている方もこの単線を使っている物が多いです。

8割位は金メッキシェルで"KESTER"の60-70年代物のハンダです。

 

製品のコンセプトも『当時の物を当時の音で』的な、

音源のリリース年と近いUSヴィンテージワイヤーでハンダも年代物。

ウッドベースの4弦の音も脹よかに鳴って、低音のルーム感も持ち上がり、

レコードのヒス&クラックルノイズは軽減されて、

聴き疲れの無い素晴らしい鳴りをします。

 

 

もちろん、私もこれの年代別、太さ違い、皮膜違いで試作して、

音の確認もシェルチップをゴールド、ロジウム、プラチナの3種類、

(ハンダは二種類くらいだったかな?)で変えて検証&視聴、

数人でブラインドテストしましたが、、、

 

わりと低音が膨らむ物が多く、悪く言えば”ハイ落ち”していました。

癖があり俗に言う"太く鳴る"系です。

 

 

年代物のJAZZは甘くてマイルドでHOTな音で聴きたい方が、

もしかしたら多いかもしれませんが、

私個人はバッキンバッキンのフルレンジで超COLDに鳴らしたくて

年代を感じさせない音で聴きたい耳です。

 

 

なので、Platinum Verはジャンルによって左右される"鳴り"にしたくありませんでした。

試作段階で、JAZZ, Hip-Hop, R&B, Dub Step, Technoなど沢山視聴して、

一貫してどのジャンルでもバランスが崩れずに再生出来たのが今のPlatinumモデルです。

 

 

特にレコードの再現で難しい10kHz以上の伸びとステレオイメージ、40Hz以下のリアルな重低音から超低域の空気感の再現。そして、最も難解な"スピード感"これが欲しくて作りました。

 

これ以外の要素を持つ素晴らしいリード線は既に沢山ありますので、作る必要がありませんでした。

(ご協力頂いた方々、テストリスニング&ブラインドテスト参加して下さった方々、ありがとうございました。)

 

 

じゃあ、今回の新作は何なんだって話ですが、、、

Platinum Verを使って頂いた方から、

実は『音が良すぎる』っというレスポンスが数件ありました。

 

良いんなら良いじゃん!?って最初は思いましたが、

悪く言えばオーバースペック、必要以上の再現性。。。

 

 

そこで目をつけたのが、『金』!

オーディオの端子皮膜素材などで多く使われていて、

圧倒的なミッドレンジの押し出しと情報量が魅力です。

 

新作『瑠璃』のシグナルパス

"シェルチップ→ハンダ→ケーブル→ハンダ→ハンダ"

全てのセクションに金含有素材を使いました。

(Platinumは文字通り全てに白金含有を使用)

 

音の解像度やスピード感、ステレオイメージはPlatinum Verと等しいですが、

金含有はオーディオ的にポジティブな意味で、

超的確な所で『どっしりと音を止めてくれます!』

MM式カードリッジのおいしい所が最高に引き立ちます!

一方PlatinumはShure 44でMC式カードリッジ並のフルレンジ感が

MM式の高出力で音が出ます!

 

 

Wax Alchemyでは素材そのものの響き, そしてどんな再生環境でもクオリティを発揮出来る物を提供致します!

 

 

Jazz用でも、Soul用でも、Techno用でもありません。

DJ用でもなければ、ピュアオーディオリスナー用でもありません。

 

ただのレコード針専用のケーブルです。

 

『琥珀』色のPlatinum と『瑠璃』色のGold!

まだ若干在庫がありますので、

HP内〝SHOPページ〟から御求め頂けます!

興味ある方は是非!