[Mastering] four leaf sound - 39 RESOUND [EP]


シンガーソングライター、“歌う詩人”ことMurabayashi によるサウンドプロジェクトFOUR LEAF SOUND。アメリカで10年間生活していたこともあり、グローバルな視点から日本人としての表現を模索し、“リアルな等身大”を体現化し発信している。

 

日常から生まれるポエトリーを、ジャズ、ヒップホップ、ソウルミュージックを軸としたサウンドで昇華。Spoken wordsを取り入れ、ラップMCとは違ったフローでポエティックな言葉を中心においたスタイルを“poetry soul”(ポエトリーソウル)と称し、確立している。

 

彼女がボストン在住のサウンドクリエーターMonologこと Yuki Kanesaka とタッグを組み、4枚のEPを3ケ月スパンで1年をかけてリリースしていくという『39 REST』シリーズを始動。4月26日(金)に発表される第1弾『RESOUND』が皮切りとなる。“REST”の頭文字をとってこの後も『EXPOSE』、『SOW』、『TASTE TOGETHER』と題した作品が発表される。

(ANTENNAより)

Poetry Soul "four leaf sound" 39 RESTシリーズ第一弾EP RESOUNDのマスタリングをWax Alchemyにて担当させて頂きました。



“39 REST” EP Series vol.01

『RESOUND』= 
 “鳴り響かせる”
「リアルな等身大」を鳴り響かせる。
自分のフィールド=土地に立つ。

『39 REST』シリーズ作品の第1弾は、
「ここから始まる」予感のするサウンド。
原点に帰りつつ新しい予感もする「始まり」の第一声です。

内にある情熱や思い描く夢。「常識」や「世間体」から離れたところで、もう一度自分の人生と向き合ってみる。まずは、これから耕し、種子を蒔く「土地」、自分のフィールドに立つこと。それは、FOUR LEAF SOUNDにとっては、もう1度FLSの音を鳴り響かせること。迷いながら道を探る中で、様々なことがあったけれど、もう1度、FOUR LEAF SOUNDを鳴り響かせるところに立つことができた。“RE-SOUND”で、 “もう1度” という意味も込めてます。


Credits:
All voices, words and melodies by Murabayashi
All instruments and track arrangements by Yuki Kanesaka aka Monolog @ Komugiko Studio
All tracks mixed by Atsushi Asada @ TUNA CROWD
All tracks mastered by Tamotsu Suwanai @Wax Alchemy
Except track04 “Tunisia”
Music by John Gillespie and Frank Paparelli
Lyrics by Jon Hendricks, Chaka Khan, and Arif Mardin
All voices, additional words and arrangement idea by Tomoko Murabayashi
All instruments and track arrangements by Yuki Kanesaka @Komugiko Studio
COVER SONG LICENSE:
Legacy Productions Inc. d/b/a Easy Song Licensing
Digital Downloads: (ID)LPL137780 (#)374059
Interactive Audio Streams: (ID)LPL137781 (#)374060