Original Products Shop Page


Users of Wax Alchemy Custom Wires

LeFtO

(Brownswood Recordings)

 

I had to go to his laboratory to believe what my friend told me about these custom made wires from Wax Alchemy so I went down there just to hear the difference between an already very good stylus, the Japanese NAGAOKA and that same NAGAOKA with Wax Alchemy’s wires… not only it sounded better but also wider, I recommend these for real and can’t wait to go home to install these wires on my stylus… thank you for the research Tamotsu san.


DJ YAS

(Kemuri Production)

 

Wax Alchemy産 Shell Lead Wire

シェルリードとカートリッジの相性は、以前何度か経験から、着けてチェックするまでは、鵜呑みにしないようにしてる。今回のWaxAlchemy産のリード線も然り、愛用カートリッジとの相性いかに?

一聴して、これを装着する決断しました。


Wax Alchemyの世界へようこそ!

Wax Alchemy カスタムシェルリード

 

一番最初に改善するべきところに無頓着な現状、

〝Shit Comes in, Shit Comes Out〟音響業界では当たり前の捉え方ですが、入り口が悪ければ、あとがどれだけ良かろうが粗悪なものが出力されます。オーディオリスニングも全くその通りです。これ以上無いというくらいのルームアコースティックとオーディオシステムを備えた環境で、粗悪なブートレッグ盤を再生しても、よほどの変態でない限り感動は無いでしょう。レコードが音として再生される迄には、いくつかのセクションが有ります。簡略化しますが、レコード針 → シェルリード → トーンアーム → ターンテーブルOut → Mixer or Phono Amp → Power Amp → Monitor Speaker。このような配列ですが、まずトーンアームやタンテは個人ではカスタムは難しいです。Power Amp, Speaker, 針は好みの物を購入すれば済みますが、高いものを見上げると首が外れそうになります。

 

レコードの響きをトレースした針の信号を伝達する『シェルリード』。アナログ再生の第二のセクションです。ここで音質を落としてしまっては、その後の音量増幅セクションや針の再生能力をすべて犠牲にしてしまいます。アナログ再生は〝伝言ゲーム〟の用な物です。レコードが出題者、最初にその言葉を聴くのがレコード針、次にその言葉を後に伝達する要がシェルリードです。この2番目がアホだと後列に賢者と猛者達が並んでいても結果は目に見えます。そしてこのシェルリードは最高級の物でもわりと手が出る価格です。他のセクションの物は良い物を揃えようとすると、犠牲にする物が増えて来ます。リード線は市販現行品の最高と言われるものでも3万から5万程度です。ケーブルの制作単価はたかが知れています。そこで最高品質の物をお手頃な価格で提供したい、皆様のリスニング環境を向上させたい、本来のアナログ再生の威力を発揮したい。これが今回のシェルリード作成に踏み切った経路です。


理論を徹底排除したリスニングだけを頼りに選び抜かれた至高の響き

制作過程


Wax Alchemy カスタム・シェルリードは制作段階で、シェルリード本線、シェルチップ、ハンダなどの100種類を越える現行製品&ヴェインテージ・デットストックを含む組み合わせの中から、『耳と心』を頼りに響きだけで厳選し、その中から20種類を実際に作成し、現役の音響エンジニア(PA, レコーディング, マスタリング)、DJ、サウンドクリエイター、一般オーディオリスナー、素人など様々な方を対象にブラインドテストを行いました。現行市販の高級シェルリード線も弊社作品とあわせてリスニングテストをし、その中から選び抜かれた試作品を更に追い込んでブラシアップしたのが本製品です。



拘り抜いた素材と徹底したブラインドテストで選出された至高の組み合わせ

採用素材


採用したシェルリードは工業用材料ではなく、一般貴金属素材の『4N』グレードをはるかに凌ぐ『6N』クラスの宝飾品用の高品質国産素材を、最も高音質のPTFEフッ素樹脂を被膜した『プラチナ配合金』単線ケーブルを採用。大型プレス機で日本刀を鍛えるように幾度とハンマリングされたプラチナ混合金特有のきらびやかな響きを無駄無く伝導させる為、シェルチップは燐青銅とプラチナメッキ仕上げを施したシェルリード線用のプラチナメッキシェルチップを採用し、接点は究極のリスニング音質最重視で開発されたプラチナ混合金の鉛フリーハンダで溶接。更に絶縁性と耐久性を増す為に、収縮チューブで結線部位を保護し、柔らかで扱いやすく、腐食にも強い仕上がりです。


音響理論概念から離れてこそ実現した音質

製品特徴

  • Wax Alchemyオリジナル製品。
  • オールハンドメイド 100組限定生産。
  • すべてブラインドチェックによる素材選別。
  • 『6N』クラスの宝飾品用の高品質国産素材。
  • 全接点にプラチナ配合金を使用。
  • 電動率、耐久性、ノイズに強い撚り線加工を採用(Twisted Wired Pair)。
  • プラス側とマイナス側で別の組み合わせの撚り線を採用



どこまでも音量を上げたくなる鳴り

音質

 

耳障りな角やピークが取れ、Bassは20Hz台まで逞しく伸び、Low Midはパワー感を残しつつマスキングが解消し、Hi-MidからTop-Endは昇天し続けます。歪み感は無くクリアーで、カッティングエンジニアが斬り込んだ魂を生々しく再現します。どこまでも音量を上げたくなる音質です。

サウンドシステムを持ち込んだクラブでのプレイでもレコードの本質を余す事無く再生します。


シェルリード線取り付け時のご注意

Wax Alchemy カスタムシェルリード線の取り付け方ですが、

細い接点のカードリッジにも対応するためにアーム側のシェルチップは穴を大きくする加工はしておりません。無理矢理に押し込んで接続をせずに、ラジオペンチ等を使用して負荷の掛からないように垂直に取り付け下さい。スタイラス側のチップは予め広げてありますが、使用しているシェルチップもプラチナコート素材の為、通常のチップに比べ非常に硬いですので、素手での押し付けての取り付けはお止め下さい。

シェルリードチップの径とカートリッジの径が合わない場合は、

写真の様にして径を広げてからラジオペンチ等で垂直に差し込むと

スムーズに取り付けが可能です。

素手で無理矢理差し込まないで下さい。断線の原因となります。